ビリヤードの試合でいい緊張状態を得るTIPS

メンタルスキル

スポーツにおいて緊張することは当たり前です。
ビリヤードはメンタルスポーツと言われるほど緊張がプレイに大きく作用することは皆さん経験済みでしょう。

その緊張をコントロールすることができたらいいと思いませんか?

スポンサーリンク

緊張をコントロールするためには?

まずは・・・

・緊張には種類がある
・本番に向けて準備する
・コントロールするテクニックを身に着ける

かなっと

緊張には2種類ある

なんとなく皆さんも肌感的にわかっているかと思いますが、
緊張には2種類あります。

いい緊張と悪い緊張のこの2種類です。(上手い言葉が見つかりませんでしたorz)

いい緊張とは、パフォーマンスが高くイメージ通りのプレイができること。

悪い緊張とは、全く思い通りのことができず常にネガティブなことを考えてしまう状態です。

いい緊張を手に入れるには

悪い緊張、これはなってしまうと試合中ではほぼどうしようもありません。

まれに試合中でもメンタル状態が大きく変化することはありますが、一度悪い状態になると抜け出すにはビリヤードから離れて家に帰って寝る以外いい方法はないでしょう。

ではいい緊張を手に入れるにはどうしたらいいでしょう?

まずは準備が必要です。

試合に向けて練習をし課題を見つけそれを整理する。
練習は人それぞれ違って結構。

問題は課題です。
この課題は、
シンプルであればあるほどいい!

緊張状態にある脳は、複雑なことはできません。
いろいろと個人的な課題は持っているかと思いますが、
それを整理して極力シンプルにすると冷静に対処できます。

試合直前のメンタルをクリアにする方法

では試合直前前にできることはどんなことがあるでしょう。

ポイントは、
緊張はしているけど冷静
ということです。

このメンタル状態がクリアな状態がいい緊張状態です。

なぜ緊張して体が硬くなるのか

なぜ人は緊張をすると体が硬くなるのか?

それは、脳が扁桃体が活発になって感情的になってしまっているからです。
そこで脳を前頭葉を使い理性的な状態にすることが必要です。

感情から理性これが重要です。

ネガティブな感情から注意をそらす

では、緊張してネガティブな感情にから冷静さを得るにはどうしたらいいのか?

例えば、少し複雑で考えれば計算できることをしてみるのも良いでしょう。
100から7づつ引いていく。
素数を上げていく。
手のひらに感情切り替えボタンをイメージしてみてこれを押せば緊張しなくなる。
などなど

ここで同時にやって欲しいのが、自分の今の呼吸状態を感じることです。
呼吸が早いのか遅いのか?
浅いのか深いのか?

そして呼吸が浅ければゆっくり深く呼吸するよう心がけましょう。

不安から距離をとる

緊張状態ではどうしても不安な感情が出てきます。
しかし、不安を消そうにも消すことはできません。

よって上記のような感情的になっている状態から理性的な状態に持っていき、
不安から距離を取るということが重要です。

不安ははなくならないっということを理解することが大切です。

不安に感じたことを記録にとる

上記のようなことは毎回うまくいくとは限りません。

そのため不安に感じたり悪い緊張状態になってしまった時は、
その時に考えたことや感じたことを記録に取っておきましょう。

スマホや小さなメモ帳でもなんでもOKです。

また、普段から緊張はするものだと思いいかに上手に付き合っていくかを考えることが重要です。

ビリヤードのプレイから上手な付き合い方を学んだり、メンタル本などを読んで自分に合うフレーズで緊張を味方につけ常にいい緊張状態にいられるようにすることです。

それではまた

コメント