忘れてはいけない?!キュー切れが欲しいプレイヤーの大事なストローク

ストローク理論

ビリヤード場で練習を行っているプレイヤーの行動をつぶさに観察していると、ストロークを気にしているがよくグリップや肘をチェックしているプレイヤーを見かけます。

間違っているとは言いませんが一番大事な部分が疎かになってはいないだろうか?といつも気にしてしまします。
では何が一番大事なことなのか?今回はそんな話。

スポンサーリンク

ストロークで勘違いしてはいけないこと

確かに聞き手側の肘や手首、肩などはストロークを構成する大事な部分ですが、もっとも大事な部分はキュー先の動きです。キュー先の手球の捉え方が一番重要ということを忘れてはいけません。

そしてキュー先を理想の動きをさせるためには、様々なチェックの箇所が出てくるため、一部分だけ修正をしてもうまくいくことはありません。肩や肘をいつもと違う形にするとそれに連動してスタンスや顔の位置も微調整が必要な事を忘れては行けません。

キューを切れさせるためにやってはいけない事

勘違いの多いプレイヤーのキュー先を観察すると、キュー先が暴れる傾向にあります。そんなプレイヤーの押し玉を例に全体的なフォームを観察すると、極端にいえば天井を向いているような形をしています。

するとキュー先が暴れてしまいキュー切れとは程遠い球となります。なぜキュー先が暴れてはいけないかというと、キューは木で出来ているため手球を着いた瞬間しなりが発生します。そのしなりの方向にそのままキュー先を逃がしてしまうとそれだけキューを前後させているストロークのパワーをうまく伝えることは難しくなります。

もちろん意図してキュー先を逃がして撞く様な場面もあったりしますがかなり希なことでしょう。キュー先を逃がすのではなくしっかりと撞点を突き抜くことを意識してストロークを行う必要があります。

大事なことはキュー先が暴れない事

ではどのようなキュー先の動きが良いかというと下の図を参考にしてください。

notstroke

キュー先が上へ逃げてしまっている。

goodstroke

キュー先で手球押さえ込もイメージ

図は同点が上の押し球の状態を表していますが、上の撞点を撞くとキュー先は上へ逃げようとします。そのキュー先が逃げる方向へ自然にキュー先を逃がしてしまってはパワーロスとなるためしっかりとキュー先で手球を押さえ込むイメージで、できるだけキュー先を水平に保ち突き抜くことが肝心です。

図は少し大げさに描いていますがキュー先が逃げている状態とキュー先が逃げない状態ではキューのぶれ方が大きく違うと思います。

このキュー先を暴れさせないためには、拳の向きやフォームを横から見た時のフォームの上下の向きなど様々なことをチェックする必要性がでてきます。小手先でキュー先を暴れさせないようにしてもあまり上手くいくことがありませんので、キュー切れを手に入れるためには1つの箇所を修正したらフォーム全体の修正になることを覚えておきましょう。

人間の体は全て繋がっているのです。一部分だけ修正しても理にかなった動きをするのは難しいことに注意してください。

それではまた。

 

コメント