誰でもなれる!?A級に上がるための最初に身に付けるスキル!

cue メンタルスキル

長年頑張って練習と試合を繰り返し、経験を積んでやっとA級に昇格するプレイヤーもいれば、真面目に練習を行っているのに万年B級のプレイヤーも存在します。

今回はそんな万年B級にスポットを当てたいと思います。

スポンサーリンク

一気にA級に駆け上がるプレイヤーに見る特徴とは

若いプレイヤーで本格的にビリヤードを初めて1年せずA級にあがる強者がいます。長年練習をしてもなかなか上がれないプレイヤーがいる中、そんなセンスあふれるプレイヤーの共通点とはなんでしょう。

私が思うその短期間でA級に上がるプレイヤーの特徴は、第一にいい出来事を素直に自分に受け入れることが出来ることではかと思います。

特別なスキルではなく、たった1球の自分のいいプレイだったり、C級の頃などに初めて勝った試合だったり、そんな数少ない出来事の中で良い出来事だけを頭でフィードバックできるのが上手な人間が一気に駆け上がってくるのではないでしょうか?

そんなプレイヤーと話をしていると、よく過去の自分の武勇伝などをドヤ顔で楽しそうに話しているのを見かけるのは私だけではないでしょう。

唯一自己申告でないクラスSA級!

ビリヤードを始めたプレイヤーが誰もが一度は目指すA級ですが、このクラス制度はほぼ自己申告制のため明らかにおかしなプレイヤーも存在します。誰が見ても明らかにクラスを下のクラスで申告していたり逆に明らかにそのクラスに足りなかったり・・・。

そんな中、唯一自己申告でないのがSA級のプレイヤーではないでしょうか?
アマチュアプレイヤーではこれ以上のクラスは存在しません。また多くのプロプレイヤーの中でもこのSA級のクラスを経験せずにプロになる方もいます。
(SA級とはなんぞやという定義はまた後日。)

最終的にはプロを目指さないプレイヤーの最終到達点は誰がなんと言ってもこのクラスでしょう。そこからもまだまだビリヤード道というのか続くのでしょうが。

B級を脱するために絶対に必要な最初のステップ

semi

万年B級からすると、SA級やA級になれるのはセンスがある人間であって最初から生まれ持ったものが違うと考えることも少なくありません。

しかしA級は誰にでもなれるクラスであることははっきり宣言できます。

『A級になるには』と簡単に言っても、もちろんいろいろな練習も経験も必要です。しかし、どうしても万年B級を脱したいなら、SA級の球を突きたいと思い練習続けることです。

なぜなら、B級とはA級の様な球を突きたいと思うプレイヤーであり、A級とはSA級の球の突きたいと思うからです。ならばB級のうちからSA級の球を突きたいと思い日々練習をして過ごしたほうが必ず上達スピードは早くなるでしょう。もちろんただ思うだけでなくSA級の動きや考え方をつぶさに観察し真似をして自分に吸収していくという練習が必要です。

それではまた。

 

コメント