いずれは自宅に設置したいおすすめビリヤード台3選

ビリヤードテーブル ビリヤード道

ビリヤードが大好きな人は、一度は自宅にビリヤード台を設置したいと思ったことはあるのではないでしょうか?しかし、場所や大きな音に対する環境面などからも設置は夢に消える人も多いでしょう。

しかし、いつかそんな夢がかなうかもしれない時のためどんなビリヤード台があるのか知っておくのは損はありません。今回は特におすすめのビリヤード台3選!!

スポンサーリンク

BRUNSWICK BILLIARDS

日本では有名なビリヤード台で、おそらくこのブログを見ている方は間違いなく知っていることでしょう。

型や名前も様々ですが、一番日本で有名な型はGold Crown。シリーズもので現在最新はGold Crown Ⅴで今までのGold Crown Ⅳまでとは一変してスマートになりスカートが短くなりボール受けの部分がスマートに。

BRUNSWICKの台で特徴として、ポケットがハの字にカットされていてポケットの奥に行くほど狭くなります。入口が広い分ボールの受けが良いように感じますが、ポケット側から見ると外に開いていることになるため台上にボールがはじかれやすくなっています。

またクッションは、後述する昔日本で流行ったSupar Galionに比べボールの反射角が大きく詰まってしまうためBRUNSWICKが流行りだした時にはプレイヤーはバンクショットを控えていたようです。

Supar Galion

日本では約20年前までは大ブームしていたテーブルです。BRUNSWICKと比べ全体のスカートが白いのが特徴です。老舗と言われるビリヤード場にはまだまだ多く設置している店も少なくありません。

大きな特徴は、ポケットが並行にカットされているためポケットへ球が向かえばほぼ拾ってくれる傾向にあります。クッションはよくビリヤードの教則本であるように、入社角=反射角という動きに近い反射をしわかりやすい球の動きをします。

しかし現在では、BRUNSWICKに人気を押され現在のプレイヤーはBURANSWICKしか撞いたことがないプレイヤーも多いためGalionのクッションの動きに違和感を持つ人も多くいます。

実際、BURANSWICKになれたプレイヤーはGalionのクッションは伸びて出ているように感じ力加減も強く出る傾向にあるため上手くポジションができなかったりします。

OLHAUSEN BILLIARDS

こちらも日本でよく見かけるビリヤード台で、日本ではよく漫画喫茶などに設置されている台湾製のレプリカでよく見かけるかと思います。元はアメリカ出身の台のためアメリカでは代表的な台の一つです。

BURANSWICKやGalionなどに比べクッションレールがフラットに作られているため好みが大きく分かれるのも特徴です。クッションやポケットは、BURANSWICKに近い傾向にあり、BURANSWICKに慣れているプレイヤーはあまり違和感なくプレイできる代でもあります。

台の設置に必要な場所の広さ

よく見かける9フィート台(約290cmx160Cm)では第の大きさにプラス150cm以上の幅がないとプレイに支障が出てきてしまいます。ソファーや椅子、テーブルなどのオブジェを考えるとさらなる広さも必要となるでしょう。

ビリヤード台は、石版を台のベースとし9フィート台であれば3枚の石版で1枚約90Kgから100kgの重量もあるため、設置する場所は傾きが起こりにく硬い場所を選ぶのが絶対条件となります。例えばビルの高層階ともなれば、運搬などもエレベーターがあればいいですがない場合は人の力で階段を運ぶことになるのでかなりの重労働になることもあります。また高層階は地震などでビルが傾いたりすると、台の石版のつなぎ目がずれたり並行がずれたりするためまともなプレイができなくなることもあったりするため、倉庫のような広い場所で地上に近い場所が一番適しているでしょう。

大体の台が新品で30万~50万円くらいの値段で、オプションをつければ1台で100万までいく高級台もあったりします。それだけ大きなもののため、運搬と職人への設置料などを考えると決して安い金額ではありません。しかし、日本ではビリヤードはどちらかといればマイナースポーツのため閉店したビリヤード台が結構あるため中古台を探してみるのもよいでしょう。閉店したビリヤード店が、廃棄に困るのも一番大きなビリヤード台のため思ったよりも安く譲ってもらえることもあります。(ただで譲ってもらえることもよく聞きます)

大雑把ですが、おすすめのビリヤード台3選と主な台設置の場所などについて紹介しましが場所なども8フィート台や7フィート台などであればそれだけ狭くて済むことになるため場所やお財布に余裕のある方は検討してみても良いかもしれません。外の環境への防音などを考えればさらにお金はかかりそうですが、一度は夢の自宅ビリヤード台を実現のきっかけにでもなれば。

追記:
著作権の関係上写真を掲載できないのが残念ですが、Googleで英語検索すればメーカーサイトへ一発ヒットしますのでそちらで確認してください。

それではまた。

コメント