シュート力を向上させる厚みの正確な捉え方(2)

crashball 厚みの捉え方
厚みcrash

前回、基本的なポケットビリヤードにおける厚みのイメージの方法を紹介しました。今回は厚みの捉え方では忘れてはいけないスロウについて話していきたいと思います。

スポンサーリンク

厚みは思っているより摩擦によるズレがある

前回の記事を読んでいただいた方は、イメージボールやパイプラインなどの厚みの捉え方は理解できたと思います。『これでシューターの仲間入りだ』っというのは少し早いかもしれません。

この地球上に存在するあらゆるものが持っている摩擦を無視すると、どんなに正確にイメージボールやパイプラインに手球をショットして的球へヒットさせたところでシュートを成功させることは難しいでしょう。

ビリヤードのボールも見た目はツルツルに見えますが確実に摩擦係数を持っています。その摩擦がボールが衝突する瞬間発生しあらぬ方向へ的球を運んでしまうことになります。

このスロウと呼ばれる摩擦現象がビリヤードではものすごく厄介なもので、上級者もはっきり言って正確に予測をすることは不可能なことです。

このスロウは、シュート方向の角度や手球の縦・横・斜めなどのスピンでも違ってくるため言葉で説明は難しく理解しがたいものでもあります。そのため今回は基本的なスロウとその対処法を考えていきたいと思います。

スロウを考えた厚みの捉え方

手玉のスピンを一旦考えず的玉をポケットの方向へ走らせるための厚みから考えていきたいと思います。まずは下図から。

throwimage

ポケットと的玉を結ぶライン上へイメージボールを配置することが基本ですが、100%の厚みで手球が的球へヒットしない限り、的球の方向は必ず正確にポケットへは走ってくれません。

ではどのように厚みを取ればよいのか?それは図で示す通り、角度のある配置では若干ポケットからずれた方向へイメージボールを配置します。ここで重要なことが必ず薄めにイメージボールを配置することです。

スロウは手球が的球へヒットした瞬間、ショットされた手球の方向へ的球をずらす摩擦が発生します。そのためそのズレ分を予測して厚みを薄めにイメージするのです。このズレを予測した厚みでスロウを発生させポケットへと的球を走らせる結果となります。

このスロウのずれる分はおよそ厚みが半分、いわゆる構え目線で厚みを見た1/2の厚みの時に一番大きく発生します。ではどのくらいで何センチ何ミリずれるのかというと正確にはわかりません。

それはその時のボールの汚れ具合や湿度、球の使用頻度等、手球のスピン等様々なことが影響してきます。

『そんなこと言われたらシュートできないじゃん・・・』

なんて思わずとも大丈夫です。上級者は問題なく角度のある配置をシュートしています。

理論的なスロウより体感のスロウ

上級者はこの正確に測ることができないスロウをどのように把握しているのでしょう?それは、長い経験と練習により体で覚えているのです。

『体で覚えるって、結局つまらない練習をやれってことか・・・』

たしかに練習は必要ですが、初心者も上級者も人間としてのもともと持っている感覚にそこまで大きな差はありません。練習をすることによりスロウのズレ具合が、どのくらいずれるのかを体で覚える訓練をすれば誰でも身につくものです。

手っ取り早く覚えるには常に角度のついた同じ配置で、イメージボールを正確にイメージしてまずは理論的なイメージボールで手球が的球へヒットした後的球がどこへ向かうか確認し、その後に同じ配置で少し薄めにイメージしたイメージボールでどのように的球が進むのかを検証するだけです。

感の良い人はすぐにズレ具合に気づくと思いますがほとんどの人がある程度繰り返せば体感はできるようになります。

このようにどのくらいのズレが発生するのかを実際の撞いた球で検証して体で覚えていったほうが一番最善の近道です。

あらゆる教則本などにスロウを詳しく説明はされていますが、あくまで知識として理解することに反論はありませんが、結局体で覚えることが一番の近道だと思います。しかもそんなに時間もかかりませんし。

同じ配置で撞点を変えたりしたり、または配置の角度を変えたりして常に検証していけばポケットビリヤードで必要な分くらいは感覚として身につけるのは難しくありません。

スロウは奥が深く、魅力的だが危険もいっぱい?!

このスロウはつきつめてゆくととても奥が深いもので、トリックショットなどにも応用されていますが通常プレイする分にはあまり必要のない知識です。遊び程度に知識を深めるくらいに考えたほうがよいでしょう。最初から頑張るとわけわからなくなるでしょうし・・・。

今回は基本的な事にとどめておきます。

厚みについては教則本でもスロウくらいまでしか記載されていませんが、今回までの基本を押さえた上でシュート力向上の厚みの捉え方を次回以降話していきたいと思います。

それではまた。

 

コメント