手球のコントロールを上昇させるかも知れないグリップの握り方

グリップ理論

ビリヤードをプレイする初心者から上級者までの全ての方が手球のコントロールに悩みを抱えます。
手球のコントロールを考えるとシュート力が落ちる傾向があり、一度気にしてしまうと抜け出せなくなる魅惑の世界ですがそんな奥の深い手球コントロールで見逃しがちなグリップについての参考になればと思います。

スポンサーリンク

手球コントロールがなかなか上昇しない理由とは

手球のコントロールは上達には避けては通れない道です。
ポケットビリヤードにおいて先球を任意のポケットへシュートすることが絶対条件ですが、そのシュートを続けるためにはある程度の手球コントロールが絶対に必要になってきます。

ほとんどの方がストロークをなるべく水平に保つようにしたり、フォームを抜本的に改造しようとしたりします。しかしなかなかうまくいかない経験をした方は少なくないでしょう。

原因は様々あります。

    • ビリヤード初心者で手球コントロールを考えるLvではない
    • 先玉が見えていてもシュートミスが多い
    • 基本的なポジションプレーを理解できていない

上記のようなプレイヤーは手球コントロールなど考えずにまずは目の前の先球をシュートすることに全力を注ぎましょう。

そもそも『手球コントロール』とは、あくまで先球を見えていればどこからでもシュートができる、または最低でも頑張れば狙うことはできるという自信がなければいくら練習を積んでも身につくことはありません。

上記をクリアできているプレイヤーのみが追い求めることのできる世界と言えるでしょう。

手球コントロールの秘密はグリップにあった!?

上記の条件をクリアできたプレイヤー、ではその手玉コントロールを向上させるのにはどのようにしたらよいでしょうか?

ビリヤードを長く経験してきたA級でもこの悩みを持ちますが、A級でも上のクラスにいるプレイヤーだけが知っている事があります。それはキューを持つグリップとレストをしっかり隙間がないようにすることです。

特に実際に手玉を撞く瞬間はグリップに隙間をなくすようにしましょう。
インパクトの瞬間にグリップに隙間があるとキューが手球に負けてしまいます。そのためキュー先が暴れて思った撞点を突き抜くことができません。

撞点を突き抜く事ができなければ思った手球コントロールを得ることはできません。また細かい手球のスピンなどもイメージ通りに手球へ伝えることはできなくなってしまいます。

隙間なくと言っても強く握ってしまってはスムーズなストロークができないため、あくまで力はこめずにキューを包み込むように握ってください。そしてストロークのイメージとしてキューが波打たずに一本の棒の様に感じられる様に丁寧にストロークをしてください。

そしてインパクトの瞬間に少しだけ握りこむイメージです。あまり強く握りこむとそこでこじりが出てしまいます。この握り込みがビリヤード冥利といいますか個性が出るところです。

実際のところこのインパクトの瞬間の握り込みで手球の動きが変わってきます。
もちろんこれだけが全てではありませんが、微妙な手球の動きというのは実際にキューと繋がっている手にほとんど原因があると私は思います。

大きな手球の動き自体はそこまで難しくないことはここまで読まれた方はご存知かと思いますが、絶妙な動きはテクニックも絶妙なものです。
少しだけ強く握ったり、インパクト前にいつもより強く握った状態でインパクトの瞬間で少し力を抜いたりと色々ためしてみてください。おそらくいつもと違う動きが待っています。

ここで注意することは決っしてインパクトの瞬間にグリップに隙間を作らないことです。

 

上記の方法はあくまで手球コントロールに悩む上級者への1つの改善方法です。
もちろん他にもいろいろなテクニックが存在しますのであくまで参考までに。

 

コメント