ビリヤードのメンタルや技術を色々な視点で紹介するブログ

ビリヤードテック

練習方法

バンクショットが苦手なプレイヤーはそもそもクッションの感覚がずれているのではないかということ

更新日:

bank

直接ポケットへ狙えない配置の場合バンクショットを試みることがありますが、なんでもバンクショットをきめてしまう人と全くバンクショットがきまらない人と意外にはっきり分かれます。たしかに直接ポケットを狙うのとクッションを介して先球をポケットするのではそもそも難易度は違いますが、バンクショットを不安なく狙うことができれば選択肢の幅が増えます。

しかしバンクショットの苦手なプレイヤーはバンクショット自体を特別不思議なショットとして捉えていないだろうか?

スポンサーリンク

入射角と反射角はイコールではない

ある程度ビリヤードを経験されている人には当たり前ですが、そもそも初心者用に教える入射角=反射角はもちろん間違っています。初心者には大体な感じで「バンクショットは入射角=反射角で計算して先球がポケットへ向かいますよ。」と教えますがまず正確に撞いたとしても先球がポケットされることはありません。

入射角=反射角で先球が転がるためには、ショットスピードや先球の回転、クッションの詰まり具合やその時の湿気具合など多くの条件が一致しないと実現できないため狙って入射角=反射角で転がすのは奇跡としか言いようがありません。

そのためバンクショットには「4カケシステム」のような狙いの方法があるのですが、このシステムもすべて対応できるものでもありません。台が違えば「4カケシステム」もずれてしまうためここで投げ出してしまう人もかなりいます。もちろんある程度の基準にはなるのですが万能とは言い難いものです。

ショットスピードを無視してはいけない

もちろんバンクショットは、クッションへ的球を先に当てることになるためショットスピードは無視できません。まずは強く撞いたら短く、弱く撞いたら長く先球がクッション反射するということを感覚と頭でしっかりと理解をしてください。そして配置やネクストポジションのため、強く撞いたり弱く撞いたりする場合もあるため練習で自分の中での基準のショットスピードを作っておく必要があります。その基準のショットスピードからプラスやマイナスすることでバンクショットで先球をクッションの何処に狙うのかを変えていく必要があります。

意外にもこの練習をあまりされないプレイヤーが多いのですが、実際のプレーで「4カケシステム」がはまるような場面も早々ないため結局は自分の感覚が大事になってきます。このショットスピードの練習があって初めてシステムを基準として考えることができるため欠かさず取り入れることをお勧めします。

そしてショットスピードとは少し違いますが、先球とクッションとの距離または手玉と先球の距離も重要です。なぜなら先球とクッションとの距離が遠ければ、クッションに当たる前に力加減のロスが生じます。逆にクッションとの距離が近ければそのロスは少なくなります。また手玉と先球の距離も一緒で距離が離れる分ロスは生じます。

単純なよくある配置のバンクの場合はあまり気にする必要もありませんが、サイドポケットへ狙う場合に長クッションのコナーポケットからワンポイント以内に先球を入れる場合にはかなり影響が出てしまいます。長クッションのコナーポケットからワンポイント以内に先球を入れる場合、手玉と的球の距離が近い場合が多くそしてクッション後先球はサイドまで長い距離走るため力加減や回転などによるカーブが出やすくなるためです。

手球の回転と先球の回転は逆

バンクショットの考えというよりそもそものビリヤードの物理現象ですが、手玉に左右または上下の回転を与えていればもちろん先球の回転は手球とは逆の回転をします。ある程度の経験値のあるプレイヤーは、上の撞点で手球を直接クッションに撞けばクッションからのびて出て、下の撞点で手玉を直接クッションに撞けば縮んで出ることは理解していますがバンクショットの際にこの現象を多くの方が忘れがちです。

もちろん直接手球をクッションに回転を加えて撞けば上記のような変化をするため、バンクショットの場合も先球がクッションに入る際どのような回転をしているかでクッションからの出方も変わってくることは理解できるでしょう。そのためこの点を完全に無視したバンクショットを続けていても、自分の中で明確な基準を設けることは難しくなります。

そして上記でも表現していますが、クッションがのびるとか縮むというのは言葉として説明はしやすいですが実際には、クッション後の最終到達点がのびているまたは縮んでいるということで本来の球の動きとしてはクッション後球の回転方向へカーブすることにより生じる現象となります。クッションへ無回転で球が当たらない限り必ず球の回転方向へカーブが生じていることを忘れてはいけません。

そして的球はクッションに入った時点で回転軸が変わってきます。これは球という球体が自分より質量が多く動かないクッションへ入ると、そのクッションの影響で回転軸がずらされてしまうためです。この現象は是非ハイスピードカメラで撮影して見てみたいものですが、この回転でクッションに入ったらこの回転で反射するということは私もはっきりわかりません。おそらくクッションに入る角度の深さでも大きく変わってくるものと思われます。

やっぱりバンクショットは難しい

ここまで書いてなんですがやはりバンクショットは難易度の高いショットであるということです。しかしバンクショットをいつでも狙うことができれば大きな武器となるため、多くの練習時間を割く必要もあるかと思います。一人で練習もいいですがワンポケットなどで対戦相手と勝負をしながらの練習もかなり効果的です。

システムは基準であって絶対的なものではないため、やはり多くは自分の感覚の中にクッションの感覚を擦り込ませていく練習は絶対必要でしょう。バンクショットでは多くの注意点はありますが、それを言葉だけで理解したところで結局実現は難しいため自分の中の感覚にお箸を持つがごとく身に着けていく鍛錬をしてください。

それではまた。

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-練習方法
-,

Copyright© ビリヤードテック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.